建物の雨漏り

雨漏りは放っておくと建物に大きなダメージを与えます。その原因は老朽化だったり、設計や施工の不良だったりと様々です。その発生場所も屋根だけではなく、外壁やサッシ廻りなど色んな場所から雨水が浸入する可能性があります。
上の写真の例は、屋根裏にシミが出てきたとのことで相談を受けました。天井裏を見てみるとある一か所から雨漏りのシミが出来ているので、屋根の上に昇り屋根材をめくってみると老朽化により、雨水が浸入していました。
このお客様では、既存の屋根の上から金属の屋根でカバーをしました。これにより、屋根部分からの雨漏りの心配は無くなりました。
このまま放置していると屋根裏から水が伝い、内部から腐食やシロアリの発生の可能性が上がってきてしまいます。天井にシミが見えたら早急に対応されることをおすすめします。